お知らせ

2021-12-31 13:38:00

神経症と生きる。

「同情する」という言葉にはいくつかの例えがある。

神経症者にしかわからない「時間の停止」「度を超える煩悶」「その場の空気を知りながら、反応しない精神の停止」など様々な困難がたまに起こる。

これには共に同情する事しかできない。大切な事はこれらを生きていく事が大切なんです。

雲は氷点下になると雪に変わるのです。

 

漁師は海に船を出す。社会に船を出す。人になんと思われても「船を出す」事が大切です。自分の道を「切り開く」のみです。